ペット火葬の費用を抑えるために土葬はOKか?

あなたはペットが亡くなったら庭に埋めてあげたい、またはペット火葬は費用が重むので山や河原に土葬したいとお考えですか?ですが、ペットの遺体は法律上では「一般廃棄物」に当たるため、その仕方や場所によっては法律違反になってしまいます。ここでは問題にならないペットの土葬方法をご説明します。
まず場所ですが、山や公園などの公有地に埋めるのは、廃棄物の不法投棄とみなされるのでやめましょう。自分の家の庭や、ペット霊園などの私有地なら、土に埋めても大丈夫です。その際、腐敗臭などの公衆衛生に配慮するため、穴を深く掘る必要があります。
次に、遺体をそのまま埋めて良いのかという問題です。ハムスターなどの小動物は、そのままでもあまり害はありません。でも、大きめのペットは、ペット火葬に出してからお骨を土葬する方法が現実的です。猫や犬をそのまま埋めるのは衛生面から言ってもおすすめできないのです。
大型犬の場合はどうでしょうか。大きい動物はペット火葬で残る骨も多いために、骨を砕く粉骨をしてから埋める方法がよく取られます。粉骨すれば埋葬スペースも節約できますし、骨が土に還りやすいので、より土葬向きになると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing